共同生活援助、グループホーム無限

2014年1月にオープン。入居者の人生の無限の可能性を願って「グループホーム無限」と名付けました。日常生活を送るのに支援を必要とする人は、いつまでも親元で過ごし、そして、家族が支援できなくなれば、自由に外出もできない入所施設で暮らさなければならないのが現実です。どんなに障害が重くても地域の中で暮らすことがモットーに無限を運営していきたいと思います。

「"無限」での暮らし"

ご本人とご家族の希望もあり、月曜から土曜の暮らしとなっています。入居者それぞれが生活介護事業所などに通っているため、朝はバタバタと用事を済ませて元気に出かける毎日です。夕方から就寝までは、部屋に集まってゲームを楽しんだり、リビングでテレビを見たりと、ゆったりとした時間を過ごしています。世の中のどこにでもある風景と変わりません。

いまのところ週末は実家に帰るので、衣類や日用品の購入、月々の金銭管理、衣替えなど生活全般の切り盛りは、ホーム入居前と同様、ご家族がされていますが、これから徐々に、入居者自身がホームスタッフの支援をうけながら、平日の夕方や休みの日に行うことになっていくでしょう。


支援体制

少なくとも1名のホームスタッフ(世話人や生活支援員)が常駐していますが、加えて、起床や生活介護事業所から帰ってきてからの散歩・買物といった外出や就寝までのホーム内での時間も必要に応じてヘルパーによる支援を利用できます。深夜帯はホーム夜間支援員が常駐し、いつでも対応できるようにしています。

今しばらくは、月曜から土曜の支援体制となりますが、近い将来、土日も含め毎日ホームで過ごせる支援体制にしていく予定です。


スタッフの一言

ホームで過ごされる時間は実家での生活と変わらないように、そして夕食後から就寝までの時間は入居者ひとりひとりの意思に沿えるように関わっています。休みの日には、ガイドヘルパーの支援でいろんなところに出かけ余暇を楽しまれている入居者の方もいます。

発達障害のある人にも、その人それぞれのこだわりがあります。一見、必要のないことのように見えることでも、そのひとにとっては必要であり、意味のあることです。しっかりひとりひとりに向き合って関わることが大切だと思っています。

少しずつ自立した暮らしを手に入れ、自分の世界をどんどんと広げていってほしいと思います。


入居者の声

ずっと家族と過ごしていたけど、いつかは離れて過ごすと思っていました。入居当初は2泊3日だったので家族にも会えていたし、泊数がふえても寂しい思いはしませんでした。ホームでの生活はゲームをしたり、みんなで話をしたりして楽しく過ごせています。困ったことがあれば世話人さんに話して助けてもらっています。作業所にも楽しく行けています。


入居者のご家族の声

どんな障害を持っていても自分の人生は自分で選んでほしい。とにかく、いろんな体験をさせようと思いました。生活の拠点を自宅から小規模のグループホームへ、と考え、グループホーム無限を選びました。ホームでの生活も3年目。いま生活の基盤を築いている時期かなと感じています。


事業所情報

事業グループホーム
場所堺市堺区五月町
電話番号072-281-4305(法人本部)
FAX072-281-4320(法人本部)
利用定員4名
構造/階層木造、2階建て
居室居室1(14.58㎡)、居室2、4(8.51㎡)、居室3(9.32㎡)
構造/階層木造、2階建て
共用リビング(24.3㎡)、トイレ、洗面、浴室、ウッドデッキ

メニュー

事業案内

関係者専用メニュー