“今を生きる!これからも地域で生きる!” 飛躍の10年! 自立支援協会 事業計画(2013年度~2022年度)

「地域で暮らしたい」という障害者の願いを叶えるために。自立支援協会は、10年計画で事業所の拡大、移転、新規開設に取り組んでいます。みなさまのご支援ご協力をお願いします。
ノーマライゼーションの理念のもと、様々な制度、社会基盤の整備が進んできました。しかし、障害が重度の人の地域生活に目を向けると、いまだに社会基盤や支援は不足している状況です。多くの重度障害者が、本人のがんばりや、たくさんのがまん、そして家族の精いっぱいの支えによって、ぎりぎりの生活を送っています。一方で、ホームヘルパーの支援や、グループホームで、自立生活を送ってきた障害者も、障害が重くなったり、高齢になるにつれて、制度上の支援では足りなくなり、地域で暮らし続けることへの不安が大きくなってきています。さらに忘れてならないのは、今も多くの障害者が入所施設や病院での暮らしを余儀なくされていることです。それらの仲間を地域に呼び戻さないといけません。自立支援協会では、南部障害者解放センター、堺・自立をすすめる障害者連絡会をはじめ、地域の協力団体、関係者、障害当事者団体と共に、「今を生きる!これからも地域で生きる!」をテーマに、多くの障害者の思いに寄り添い貢献していくために、活動の場を広げることにしました。社会福祉法人として、社会基盤を整備し、理念を形にする事業実施を計画しています。多くの方々の賛同、支援のご協力をよろしくお願いします。

自立支援協会 事業計画(2013年度~2022年度)

前期 2013~2015
  • 生活介護事業所2か所の拡大移転
  • 新規グループホーム「グループホーム無限」の開設
  • ヘルパー事業所の拡大移転
中期 2016~2019
  • グループホーム光を2018年4月開設
  • ヘルパー支援の新規受付を再開
後期 2020~2022
  • 新たなグループホームの複数開設
  • ヘルパー事業の拡充
  • 生活介護事業所の新設など

後期2020年度~2022年度の事業目標

グループホームの新設

2018年4月にグループホーム光を開設して以降、さらなるグループホーム新設を求める声が大きくなってきました。従来の計画では、女性が住めるグループホームを含めて2か所以上の新設、入居者の数としては10名以上を目標に考えてきましたが、そのような声をうけて、少なくとも3か所以上の新設、入居者15名以上の自立生活の実現を目指すことになりました。

ヘルパー事業の拡充

  1. 現在、親と同居している利用者が、これから開設されるグループホームに入居して自立生活を実現していく準備をすすめる。
    1. 1-1 グループホーム入居を考えている利用者の入浴など、日常の暮らしへの支援を拡充する。
    2. 1-2 ヘルパーの支援による1泊2日の機会を作り出す。
  2. 次世代(小中学生の児童)の外出をはじめとした新規ヘルパー利用者への支援を本格化させる。
    1. 2-1 将来の自立生活の実現を見通して、子ども時代からの関わりを作りだす。
    2. 2-2 放課後デイサービスでは得難い、個人の外出や電車を利用した外出を実現する。
    3. 2-3 小中学生に限らず、「入浴したい」「外出したい」など、新たにヘルパー利用を希望される声に可能な限り応える。
  3. 一人暮らし・グループホーム入居の障害者の地域での暮らしを継続する。
    1. 3-1 高齢化による重度化や医療ケアの増大によって、これまで以上に質・量ともにレベルを上げた対応により、地域での暮らしが継続できるようにする。

生活介護事業所(通所事業所)の新設など必要な事業の実施

生活介護事業所(通所事業所)の新設など相談支援事業の開始など、地域でのあたりまえの暮らしを実現していくため必要な事業を可能な限り実施していく。

建設資金の確保~多くの方々の協力が欠かせません!!

2018年から2020年に5000万円の資金を確保し、民間の金融機関の融資を受けることを構想していましたが、この2年間で、ほとんど集まっていない状況です。少しでも目標の5000万円に近づいていけるように多くの皆様のご協力をお願いいたします。

2023年度からの新10年計画

「2013年からの10年計画で実現したことを大きくスケールアップし推し進めることになります。最も重要なのは、10か所程度のグループホームの新設することで、親の介護・支援で暮らしている、いま20歳~30歳代の利用者全員のグループホーム入居(あるいは、一人暮らし)による自立生活の実現を目指すことです。

このほか、ヘルパー事業や生活介護事業の拡充を進めるとともに、今、事業として行っていない、例えば、相談事業、訪問看護、就労系の通所事業など様々な事業に新たに着手していきたいと思います。

もちろん、働く職員を大幅に増やし、これまで以上に、ワークライフバランスが取れている、様々な人が働きやすい職場にするとともに、続々と増える職員の育成や、拡大する事業(所)の責任者として働く人が増えていけるよう、これまで以上にキャリアップできる仕組みを整えていきます。

お問い合わせ

自立支援協会法人本部
TEL:072-281-4305
メールアドレス:jiritu-shien@triton.ocn.ne.jp

メニュー

事業案内

関係者専用メニュー