障害者が住みにくい社会は、健常者も住みにくい社会です。私たちといっしょに変えていきませんか?

あなたのこれまでの人生には、楽しかったことや苦しかったこと、嬉しかったこと、悲しかったこと、たくさんあったと思います。その経験が積み重なって今のあなたがいます。
しかしこの社会には、そんな人生にほど遠い状況に置かれている人たちがいます。

障害者と呼ばれている人たちです。

今、日本では、障害者と呼ばれる人たちが増えています。

子どもの数は減っているのに支援学校は増えている。

「標準」とされる範囲が狭まり、そこからはみ出る人を除外する社会、不寛容で多様性を認めないのが今の日本です。

障害者を取り巻く状況は、この20~30年でずいぶんと変わってきましたが、 やはり今でも、障害があるというだけでその場から排除され、 電車に乗ること、映画館に入ること、地域の学校に通うこと、 街中に住むこと、社会で働くことなど「ふつう」に生きることができていません。

私たち自立支援協会は、「障害者が住みにくい社会は、健常者にとっても住みにくい社会である」と考え、障害があっても、障害のない人と同様の人生を歩んでいける社会にしていきたいと思います。だれもが住みやすい社会のために、あなたの力を貸してください。

当法人を牽引してくれる将来のリーダーとしてお迎えします。

自立支援協会は、大阪・堺でつねに業界をリードする新たな支援サービスを目指してきました。

障害者が自立し、社会参加できる環境を実現したいという想いで、地域の暮らしを支えるヘルパー派遣やグループホーム運営や日中の通所事業や障害児向けのデイサービスなどさまざまな事業に取り組んでいます。

今後は4~6人が入居する手厚いサポートのグループホームを順次開所して、いくら重度であっても成人後は家族から独立できる現実が広がっていくよう、新たな取り組みを進めていきます。そのために必要なのが、一歩先行く支援のあり方を目指す新しい仲間です。常識や制度の枠にとどまらず、新しい仕組みをつくりだしてきた当法人の将来的なリーダーとして、つまり、利用者のパートナーであり、スタッフのコーチでもあるサービス提供責任者やサービス管理責任者、事業所の責任者である管理者、地域の暮らしのスーパーバイザーである相談支援専門員としてお迎えします。

求めるは人物像とは

当協会の理念に共感できる方なら「知識&資格」は不問です。

充実した教育体制と、長く働ける制度や職場環境を整えてお迎えします。

  • 福祉業界に興味のある方、問題意識を持っている方
  • 障害者の人生に寄り添い、長く働きたい方
  • コミュニケーション力を活かせる仕事を探している方
  • 障害者支援のあり方を追求したい方
  • 答を急がず、粘り強くじっくり考えることのできる方
  • 長いスパンと広い視野で考えることのできる方
  • 向上心を持って、仕事に取り組める方
  • 仲間を増やし、当協会を育ててみたいと思っている方、など

自立支援協会はこんな職場です。

私たちは、既成概念にとらわれず、障害者支援のための先進的な取り組みをしてきました。堺市で「同性介護」を広めたのも当協会です。そのような取り組みが障害当事者やご家族から高い評価をいただいていますので、事業的にとても安定している社会福祉法人です。

また、障害者を支援する技術、新規事業の立案力、その運営ノウハウは、キャリアを積み上げていくことで身につきます。そのため、職員は、ライフステージに応じて勤務パターンを変えていくなど、長く勤め続けられる職場環境をつねに考えています。当協会では、職員ひとり一人が、障害者を支援する主役という認識を持っています。職歴や職務、年齢や性別など一切関係なく、意見を対等に出せる職場です。

やりがいだけで、障害者の支援はできません。

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の中で「やりがいの搾取に断固反対します!」という台詞がありました。私たちも同じ気持ちです。

福祉業界は仕事がキツく、待遇が悪いイメージがありますが、そこから変えないと、この世界を志す若い人が増えないのは当然でしょう。

障害があり、誰かの支援を必要としている人は、たぶんあなたの想像以上にたくさんいます。なのに、支援する人はまったく足りていません。支援のプロがもっと増えないと、障害者の暮らしは変わりませんし、誰もが暮らしやすい社会には変わっていきません。

自立支援協会は、大企業並みとは言えませんが、一般企業と遜色ない給与体系で年々水準をあげています。休日出勤もありません。この仕事は、障害に対する深い知識や高度な専門技術も必要ですので、新人職員研修から始まり、実地研修、所内研修など、プロとして、ひとりの人間として成長できる体制を整えています。経験を積むごとに、スタッフをまとめる責任者、事業所の責任者、そして、複数の事業所を統括する責任者へステップアップする道も用意しています。職員が長く勤められる環境を作ること。それが、障害者への支援をより充実させることだという考えのもと、事業を推進していきたいと思います。

水谷 信一
しののめホーム世話人兼
ケアサポートしののめ
ヘルパー

社会が障害者を受け入れる体制が出来つつはありますが、まだ十分に権利が守られているとはいえません。もっと多くの障害者が街中へ出ていき、それが今以上に当たり前になる社会になるよう、がんばり続けようと思います。

長島 佑奈
ケアサポートしののめ
ヘルパー

知り合いに「福祉の仕事をしている」と話すと、「大変な仕事やな」「ちゃんと寝れてる?」などと言われます。世間のイメージはそんな感じだなと思うと同時に、その人たちが思っている以上に働きやすいし、楽しい職場だよと伝えたいです。

城戸 恵介
ケアサポートしののめ兼
グループホーム無限
ヘルパー

メディアを通じて伝えられる介護の世界よりも、実態はもっと明るい気がします。まだ目の前の仕事をこなすことで手一杯、どんな支援が最善なのか答えが見つからないこともありますがつねに誠実であるように心掛けています。

興味を持たれた方は採用担当者まで お気軽にお問い合わせください。

自立支援協会事務局
TEL:
072-281-4305
メールアドレス:
jiritu-shien@triton.ocn.ne.jp
URL:
http://jiritu-shien.com
〒599-8238 堺市中区土師町2-33-37
ページトップへ